一般病院と助産院での仕事の違いについて

病院と助産院、両者には大きなちがいがあります

一般病院と助産院での仕事の違いについて

母子ともに正常な状態である場合に限って出産の介助を行える場所が助産院です。 一般病院と助産院では助産師求人としての仕事は違う面がでてきます。 ここでは、一般病院と助産院での仕事の違いについてご紹介しましょう。

助産院は「妊娠時の検診」「分娩」「育児まで」一貫した助産活動を行います。 助産院の施設は自宅の一部や敷地内に開院しているケースが大部分です。 時には妊婦さんのご自宅を訪問して出産の介助をすることもあります。 助産院は入院床数が9床以下の施設を指しますから小規模ですが家族的な雰囲気の中で出産できます。

人間本来が持っている<生む力>を最大限に生かせる環境にあるでしょう。 専門技術に誇りと責任感を持ち、強い使命感を抱き<誕生>という人生の喜びの時を創造していると言えます。 「出産は病気ではない」――そういった考えで病院のように白衣を着ないで私服で業務をしている助産院もあります。 スタッフと妊婦さんとそのご家族が一丸となって出産に臨む温かい雰囲気が感じられます。

では病院勤務の場合はどうでしょうか。 助産師以外に「看護師」「医師」「その他の医療スタッフ」がいます。 助産師は、医療チームの一員としての役割も求められますし看護学生の実習を受け入れている病院の場合は教育指導も大切な仕事です。

総合病院でも助産師資格がある場合は産科に配属されるのが一般的です。 けれども最近は出産人数自体が減少傾向で<産科のみ>で独立している部署は少ないです。 <産婦人科として>婦人科疾患を持っている女性患者様への看護が大きな業務割合を占めてきています。

助産師が不足のため病棟勤務と外来勤務の両方を兼務する場合もあるようです。 助産院と比較すると病院の方は「組織の中の助産師という役割を担当するスタッフ」というイメージがあります。 妊婦さんに対する「母親教室」「保健指導」「産後の授乳教室」も複数の妊婦さんや新米ママさんに行いますから助産院と比較するとひとりひとりとの密着度はかなり違います。

以上、一般病院と助産院での仕事の違いについてご紹介しました。 けれども<正常分娩の介助>のみが認められている助産院と異なり医師がいる病院では、いろいろなケースの妊娠経過や分娩に立ち会うことができスキルアップすることができます。