勤続年数の少ない1年生助産師でも転職できる?

どんな理由であれ、勤務年数が少ない助産師の転職は難しい?

勤続年数の少ない1年生助産師でも転職できる?

医療業界は常に「人不足」「労働環境の過酷さ」といった問題を抱えているため、離職率・転職率が大変高い傾向にあります。これは看護師の現状を見ても容易に伺いすることができる点でもありますが、実際のところ、助産師も例外ではありません。

しかしながら、助産師の離職・転職の理由は看護師とは異なり、少子化の影響などによる産婦人科の縮小・閉鎖といった要因が深く関わってくるという特徴があります。そのため、本人が望まない形で転職を迫られる、といったことも少なくありません。

では、こういった理由から職をなくしてしまった、実務経験の少ない1年生助産師などが、スムーズに転職することは可能なのでしょうか?医療業界に限ったことではありませんが、勤続年数が1年という新人の転職は厳しいものがあります。

理由の如何によらず、勤務年数が極端に短いと「忍耐力に問題があるのではないか」「採用してもすぐに辞められてしまうのではないか」と、警戒される要因となってしまうためです。書類選考の段階で「なぜ、このように短い勤務年数なのか」といった所まで、しっかりチェックしてくれるところは、残念ながら稀なのです。

但し、助産師の場合は産婦人科や産院の縮小・廃止が、社会問題となっているという背景があるため、勤続年数が少ない方でも、ある程度考慮して書類選考してくれるケースが少なくありません。そのため、重要になってくるのが「書類選考の段階で、どれだけ自分の現状を伝えることができるのか」という点です。

転職理由や志望動機を明確に書き、なぜ勤続年数1年足らずで転職活動を行っているのか。この部分が担当者にしっかり伝わる履歴書・職務経歴書を作ることが、書類選考突破の鍵となるのです。

とはいえ、採用担当者の心を動かす書類の書き方というのは難しいものですよね。そこで活用したいのが、助産師の転職支援を行っているサイトです。こういったサイトは、登録を行うと、専門のキャリアアドバイザーがつき、書類の書き方から面接対策まで、親身に対応してくれます。

勤続年数が少ない状態での転職に不安を感じたら、是非、こういったサービスの利用を検討してみて下さいね。