助産師と産婦人科医の違いとは?

助産師と産婦人科医の大きな違いについて

助産師と産婦人科医の違いとは?

女性の出産の手助けをしてくれる心強い味方である、産婦人科医と助産師。 どちらも出産・分娩・産後ケアなどでお世話になりますが、この2つの職業の違いって、ちょっと分かりにくいですよね。

そこで、ここでは産婦人科医と助産師の違いについて、ご説明していきたいと思います。

まず、この2つの職業「医師であるか医師でないか」という違いが大前提にありますが、他にも見逃しがちなのが、性別による違いです。産婦人科医の場合は、性別関係なく、男性でも女性でもその職業に就くことが可能です。しかし、助産師は女性のみが資格取得できる珍しい資格で、男性は助産師国家試験の受験資格も得ることができません。この点は、看護師とも大きく異なる点ですね。

また、産婦人科医は妊娠から出産にかけて、必要となるあらゆる医療行為を行うことができますが、助産師に許されているのは助産行為、つまり正常分娩に関わる行為のみに限定されています。

つまり、助産師が単独で行うことができるのは、正常分娩における助産行為のみとなり、助産院で分娩を行っている際に医療行為が必要となった際は、速やかに医師へ連絡をとることが義務づけられているのです。

このように、助産師と産婦人科医の間には明確な違いがありますが、近年は同じ業務を共有するケースも出てきています。それが顕著に表れているのが「助産師外来」という存在です。

従来、病院の産科に勤務する助産師は、分娩の際に産婦人科医をサポートする業務が主でしたが、最近では医師に代わって、助産師が妊婦や産婦、赤ちゃんの検診を行う、助産師外来が増えてきています。

この助産師外来の大きなメリットは、慢性的に不足している産婦人科医の業務の一部を、出産のプロである助産師が引き受けることができるという点と、妊婦や産婦がリラックスした状態で検診や相談を行うことができるという点にあります。

助産師と産婦人科医は全く異なる職業ではありますが、これからはタッグを組んで活躍する場も増えてくると考えられそうですね。