訪問指導助産師とはどんな仕事?

訪問指導助産師に興味のある方は必見です!

訪問指導助産師とはどんな仕事?

助産師の求人というと、総合病院の産科や産院、助産院などが一般的ですが、他にも「訪問指導助産師」という働き方もあります。訪問指導助産師とは、妊婦さんの自宅などを訪問し、産婦に対して出産前後のケアや、乳児の育児に関するアドバイスなどを行います。

訪問指導助産師の求人には、職員募集という形態のものや、新生児訪問のための指導職員募集といったものがあり、主に業務委託という形が取られます。

こういった訪問指導助産師の募集に関する応募資格は「助産師の資格取得者」となっていますので、資格さえあれば訪問指導の職員として、母子ケアサポート業務への応募をすることができます。

訪問指導助産師は業務委託というケースが多いため、業務委託金が発生し収入となりますが、相場は1件につき5000円程度となっています。ただし、業務委託金は募集先によって大きく異なる場合があるため、求人情報はしっかりと精査することが大切です。

訪問指導助産師の主な業務内容は、妊婦もしくは乳幼児のいるご家庭に助産師が訪問し、妊婦さんや産婦さんの相談にのり、個別の指導やアドバイスを行うというものになります。

例えば、妊娠後期の妊婦さんの元を訪問し、安全な出産を迎えるため、妊娠高血圧症候群に関するレクチャーやアドバイスを行ったり、産後一ヶ月以内に訪問し、お母さんの健康状態や赤ちゃんの発育・発達状態を確認した上で、指導を行ったりします。

こうした訪問指導助産師の仕事は、各自治体や行政などの依頼によって業務を遂行するのが一般的です。また、訪問指導助産師の業務の中には「母子と行政サービスの橋渡し」も含まれており、家庭にこもり社会から孤立しがちな妊婦・産婦さんと社会を繋ぐという、重要な役割も担うこととなります。

訪問指導助産師という仕事は、助産師の活躍の場を広げる一つの働き方ですが、まだまだ実働している助産師さんは少なく、募集数も少ないというのが現状です。そのため、希望をすればすぐに見つかるという求人案件ではなく、希少案件に属するものであるのは間違いありません。

訪問指導助産師の求人情報を集めたい場合は、医療系の転職支援サイトや、助産師の求人に強い、看護系の転職支援サイトを利用し、効率良く情報収集すると良いでしょう。