助産師の勤務時間はどうなっている?

助産師はやっぱり忙しいの?

助産師の勤務時間はどうなっている?

助産師というと、分娩があるとき以外はのんびり過ごせる仕事というイメージを持っている方もいるかもしれません。そこで、気になる勤務時間についてご紹介しましょう。

まず、どこに勤めるのかによって勤務時間がどのように設定されているかというのは大きく違ってきます。病院だけを見ても三交替制の二交替制があり、このほかに助産院もありますよね。

まず、三交替制で入院患者がいる産婦人科病棟で働く場合、日勤と準夜、深夜という形にわかれます。こういった職場では、日勤のみという形で働くことは難しく、準夜、深夜も月に8回ほど担当する形になるでしょう。

ただ、日勤の後に深夜勤務を入れないように調整してくれているような病院もあるので、過酷なスケジュールになる可能性は低いともいえます。

近年は出産数が減少しているということもあり、毎日お産がない病院も珍しくありません。 ですが、婦人科疾患を持つ患者さんが入院している場合には看護師としての仕事もあるので、お産がない日は暇というわけではないのです。

二交替制の場合、日勤か当直という働き方になります。3交替制でいうところの準夜と深夜勤務が合わさったものが当直であるため、勤務時間は長めになるわけですね。

そのため、ほとんどの病院では仮眠が認められています。お産は何時から始まるかわかりませんが、出産に加えて新生児のお世話などがある病院では、複数人で当直を行うのが一般的です。

最後に助産院の勤務時間についてですが、こちらは基本的に開院時間に合わせた勤務となるでしょう。夜中のお産になった場合には呼び出されたり、泊まり込みでサポートをして万全の準備を整えておくこともあります。

大きな病院に比べると妊婦さんの数は少ないのですが、少人数でまわしている所も多いため、お産数が少ないからといって必ずしも仕事内容が優しいというわけではありません。

このように、それぞれ勤務時間に違いがあるので、自分にはどのような職場が向いているのかよく考えた上で検討してみると良いでしょう。